軽井沢・プチホテルと千住博美術館のリーフガーデン


唐突な話だけど、
1週間前程から、私のお尻にできもの(おでき
)が出来て、
以前にも何度か出来たけど、数日で消えてたから、今回も~って思ってたら、
腫れが酷くなって、痛くて腰かけるのにも一苦労

そのうちに、皮膚が擦り剥けて、絆創膏が血まみれ

今は、座ってるのは大丈夫だけど、動くとまた切れて…の繰り返しで。


お尻って、自分では直接見えないから、絆創膏貼るにも手鏡で見ながら四苦八苦
貼り方によっては突っ張って余計に痛く
ってね~

これ、いつ治るんだぁ~~~





さて、本題、軽井沢の旅
の記録の続き


今回、軽井沢で泊まったのは、
ホテルでもペンションでもなく、その中間のプチホテル「リトルスイス」



軽井沢駅から2㎞程南にあり、旧軽井沢方面とは真逆かな。
その代り、広大な面積の軽井沢・プリンスショッピングプラザには近かったけど。

でも、ショッピングには全く興味がなくて、行かず終いよ。






部屋の写真は撮ってないのだけど、
かつてホテルやレストランの料理長を務めたオーナーシェフ
と奥様
営む宿で、
全部で10室ほど、雰囲気は家庭的でペンションみたい。

だけど、プチホテルと銘打ってるだけあって、
部屋の広さはホテル並み、全室バス・トイレ・冷暖房完備

この浴室が家庭風呂で、我が家より綺麗で広かったのよ~



安曇野のオーベルジュのペンションもそうだったけど、
オーナーがシェフだと、やはり料理がいい


夕食はフレンチのフルコース

ただ、同行の母
の食欲を考えて、女性カップル限定のハーフコースで予約

苦手な事柄や食べ物も伝えたら、いろいろ配慮してくださったわ。






宿内の飾り物





朝食

は8:00からで、1品1品出してくださるのでゆったり気分

ホテルや船のモーニング・バイキングとは、やはり違ったわ~






この日泊まってたのは、中高年ご夫婦が2組と女性カップルが2組の計4組
日曜から月曜にかけてだったからかな。


ただね、全室無線LAN
とのことで、タブレット
も持って行ったけど、
部屋が一番奥だったせいか、電波届かず


ちなみに、この2食込みで1泊約15,000円(平日・日曜泊)でした~

ペンション1万~12,000円と比べたら、納得の内容だったかな。




さて、記事がちょっと長くなりますが、、、2日目のお話を。


9時半頃チェックアウトして、まず向かったのが、
中軽井沢にある「軽井沢・千住博美術館


千住博と言えば、千住明(作曲家)千住真理子(ヴァイオリニスト)3兄弟の兄貴


千住博は、日本画家で、あの絵の具を直接流して描いた「」は有名よね。
最近では、その滝が大徳寺聚光院の別院と本院・大書院等の障壁画に描かれ、
話題になったかしら。


館内の床が土地の起伏のままゆるやかに傾斜してて、
展示室にガラス張りの吹き抜けがあり、そこには樹木が植えられてるという、
その斬新な美術館が、2011年に完成オープンしたと聞いた時、
ぜひ一度見てみたい~ でも軽井沢は遠いなぁって思ってた。


その館内の様子がこちら

当然ながら、館内は作品だけでなく吹き抜けの樹木の撮影
も禁止
とのことで、
HPから写真お借りしました。

この写真と平面地図は、パンフレットにも掲載されてるものよ。





地図にある展示館を取り囲む「カラーリーフガーデン」がこちら

駐車場
から美術館出入口までも、その中を通ることになるわ


軽井沢は6月に新緑の季節を迎え、黄~緑の色鮮やかなこと










ここのショップは、もちろん千住博のオリジナル商品も並んでるのだけど、
ミュージアムショップらしく、お洒落で面白いものが沢山並んでた

それらが
撮影禁止のため、紹介出来ないのが残念だわ~



ここを見た後は、この旅一番のお目当ての「軽井沢レイクガーデン」へ。

毎度ながら写真の整理に手間取って、記事アップが遅く申し訳ありません
季節が移っちゃってるけど、もう少しお待ちを~

関連記事
スポンサーサイト



Comments 10

dicila

No title

千住美術館、すてきですよね。美術館なのにガラス張りでガーデンが見える。わたしが行った時は、メンテナンスの人がいて、その様子も見れたのが面白かったです。
床面も地形を生かしているのがすごいと思いました。

*けい*

No title

おはようございます、お尻のおでき痛そうですね
あまりよくならないようでしたら、やはり皮膚科に行かれた方がいいと思いますよ~お大事に

この美術館は行ったことがありませんが、ガーデンも素敵ですね
プチホテルも食事も料金も良いですね~!
軽井沢は近いので宿泊したことはないですが泊まってみたくなります^^

samansa

No title

なんて素敵なプチホテル!!

泊まってみたいですー(^_^)

美術館もステキ!
建物内にこんなふうに緑が見られるなんていいですね。

お城巡りの次は、美術館巡りだなぁ。

日向人

No title

いきなりお尻のおできの話に笑ってしまいました。
プチホテルらしいこじんまりとしたお食事も素敵だと思う。
日本の美術館は写真を撮れないのがね!
リーフガーデンは爽やかで癒されそう~!

青々

No title

> dicilaさま
ここ素敵よね。 メンテナンスが見れたなんて、いいなぁ。
初め、私も母もこの吹き抜けにガラス戸があることに気が付かず、
どうやってここの木々のメンテナンスするのだろう? まさか天井から降りて?
な~んておバカなこと考えちゃったわ(笑)
この時蕾だった紫陽花が、今は咲き出して彩り添えてるかも。

青々

No title

> *けい*さま
ご心配いただきありがとうございます。
初めあまりに痛くて、意を決して医者に行こうと地元の皮膚科に電話入れたら
診察の曜日や時間が合わず、結局止めて市販の塗り薬で我慢になっちゃった。
私、けいさんが以前この美術館に行かれてブログにアップされてた、
とばかり思い込んでたわ。(あれ、誰のブログだったんだろ?・笑)
軽井沢走ってて、長野ナンバーの次に高崎ナンバーが多くて、
改めて、近いんだなぁって思ったわ。 泊まる必要ないわよね(笑)
ナイス!ありがとう

青々

No title

> samansaさま
プチホテルもこの美術館もお薦めよ!
この美術館、千住さんの作品をPCで編集加工して動画のように繋ぎ、
プロジェクションマッピングで「四季」を上映してたの。
さすが現代版美術館って感じで、それもよかったわよ。
お城めぐり終わったら、ぜひ~♪

青々

No title

> 日向人さま
いきなりお尻の話で失礼~(笑)
でも、たかがおでき1つなのに、膝や腰が痛い時と同様に身動きが出来ず、
医者に行こうにも薬を買いに行こうにも不便で、
一人ってホントこういう時困るなぁと思ったわ。
日本の美術館って、ホントなぜあ~も撮影禁止にこだわるのかしらね、
著作権にかかわるわけじゃなし、今時、画像検索すればいくらでも出てくるのだから、外国みたいに撮影OKにすればいいのにねぇ。
ナイス!ありがとう

植木屋ばる

No title

遅ればせでごめんね~。
素敵なホテルね~。料理もどれも美味しそう!
料理がいいと旅の思い出もいっそう印象深くなるよね(^^)
美術館のガーデン、新緑の頃に散策してみたいなぁ。

おできは よくなった? バルが去年悩んだのと同じようなものかしら? 肩甲骨のあたりにできて、腕が上がらないくらい痛くて医者に通ったの。
それが、また何だか盛り上がって来ちゃってね~。
痛くなる前に診てもらった方がいいのか、悩み中よ(^^;)

青々

No title

> 植木屋ばるさま
ご心配いただきありがとう。
何かたんこぶが出来たみたいに腫れて、薄皮が3度めくれて、ようやく治まった。
直径3㎝以上ま~るく浅黒い感じの痣が残ってるよ~
たぶん芯が残ってる気がするから、いずれは医者行った方がいいのだろうけど
下着脱いでの診察に抵抗感じて、ずるずる延ばしそうだわ(笑)
ばるさんも悩むよねぇ。