母の認知症

お正月は暖冬だったけど、今週に入って、日中も1桁・朝は氷点下の日もあって、まさに冬本番
昨日は強風が吹き荒れて、さっぶ~


お正月早々、能登地震や羽田の衝突事故で、物騒な年明けとなったけど、
私自身としては、元旦に実家に行ったぐらいで、穏やかな年末年始だったかな。

むしろ、正月が開けてからが外出続き


正月明けの4日に美容院へ。
親と会うのは白髪頭でもいいけど、知人の手前はねぇ。
2,3㎝カットのつもりが予想外に切って、ふるゆわのショートボブに。
母に「若返ってみえる」と言われたわ。


6日は、パーチメントクラフト作品の額装再提出で、愛西市の教室まで走った。
その内容については、次の記事で書くわね。


5日と連休明けの9日に、整形と内科と歯科へ通院

整形では、腰痛のためのリハビリ通院もすることになって、
生まれてからず~っとスカート派の私は、パジャマ以外では40年ぶりにパンツを買う羽目になったわ。

家でのストレッチは、3日坊主はクリアしたけど、いつまで続くやら。


歯科は、1本の歯が欠けたことから通い始めたのだが、
昔、訳あって永久歯🦷が生えなかった箇所が、50年も経って今になって問題視され、
そこを埋めるためのブリッジを作ることに。
他にもいろいろで、真夏からほぼ毎週通って、年明けてようやく治療終了となったわ。


通院は自分のだけでなく、母の付き添いで11日(木)は実家へ。

かかりつけ医院での月一のリウマチの点滴治療で、
本人はベットで寝てるからいいけど、
付き添いの私は、待合室で2時間じっと座って待ってるのだから、疲れた~


これに先立って、午前9時半から実家にて「介護認定審査」の面接があって、同席

のボケ(認知症)に関しては、
昨年9月に「物忘れ外来」受けた時は、脳のMRIに異常はなく、認知症の初期と言われ、
処方された薬は手足の痺れが出たため取り止めたら、経過観察で通院ストップとなった。
それゆえ「介護認定申請」も見送って、
代わりに、11月から介護予防施設の「元気塾」に週一で通所を始めた。
(「元気塾」は地域包括センターの推薦者 もしくは要支援①②の人が対象の施設)


ただ、母に言わせると、
「元気塾」に通うことは、週1回外出して人と会うことは良いことだけど、
内容が歩行訓練や発声練習だけで、ものを作ったり描いたりがないからつまらないと。


そうしてたら、先月12月のリウマチの診察の時に、看護師に「まだ申請してないの⁉」と言われて、
その場でケアマネに掛け合って、介護認定申請手続きをとり、
今月の11日の面接審査に至ったわけ。


審査結果は1ヶ月後に郵送で届き、
要介護①以上が認められた場合は、その翌月からデイサービスが受けれるとの話だけど、
果たして診断はどう下されるやら。。。


何しろ、母は頭のボケだけが進んで、身体的には動けるから、質が悪い。

ふらつきによるケガが滅茶増え、前日のことはすっかり忘れてても、
着替え・入浴・トイレなど検査項目の大半が「自分で出来る」となっちゃうのよねぇ。


ただ、現症状では、健康な人の老人施設への入所はもう無理だし、
かと言って、介護付き老人施設は、介護認定がないと入れない。

10数年前、パーキンソン病のためすんなり要介護③が認められ、
老健も特養も問題なく入れた亡き父とは、大違いだわ。


頭がいかれるのが先か、体が動かなくなるのが先か、
いずれ自分もこうなるかと思うと、どう対処しておくのがいいのか考えさせられる。

自分は、今の一般的な賃貸マンションから、まず高齢者用賃貸マンションへ、
そして老人施設へ入所、と考えてるけど、
その手続きを自分でとなると、悪くなってからでは遅いんだよねぇ


母は、父やお姑の介護をしてきて、
「自分は娘や息子の世話にならないよう、施設に入る」と長年言ってきた。
でも、自分で施設を調べたり見学することは一度もなかった。

「世話を掛けない」って、用意された施設に入ることだけじゃない、と思うのだけど。

まぁ、今は「世話を掛けて申し訳ない」と言ってくれるだけ、マシと思うべきか。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

日向人

急に色々とする事が増えて大変ね。
私も子供の手を取らないようにと思っているけど
実際は手を取られることが多々あると思う。
先ずは病院それに美容室だったり体が不自由になると
それだけで周りはすることが増えるものね。
お母様は初期段階だからとは言え症状が有り気がかりなのに
介護が認められないと落ち着けないわね。
自分の事でも歳を取って初めて分かることが多いわ!

  • 2024-01-14 (Sun) 15:53
  • REPLY
*けい*

こんばんは

整形でパンツを買った話、私もスカート派なので同じでしたよ。
最初に行ったときは医院のハーフパンツを渡されたわ~(笑)
歯科は治療終了なんですね、私もメンテナンスだけ通ってます。

お母さまの介護認定、何でも出来ると答えるのはあるあるよね。
自分で施設のことも全部できる人っているのかしら?
やはり家族が協力しないと無理でしょうね。
認知症になるってご本人は気づかないけど周囲は大変よね。

青々
青々

To 日向人さん

朝晩の面倒、全食事と日用品の買い物、突発的なケガなどによる通院等は、
同居の弟(長男)がして、昼間の通院や諸手続き類は私、
と分担が決まりつつあるのだけど、昼間一人でいる間どうするかが問題。
しょっちゅうコケるものの、なまじ動けるものだから、
まだ、徒歩圏内なら歯医者も美容院も一人で行ってて、
どこまで面倒見るべきか非常に迷う段階だわ。
私自身頭も体も劣ってきてて、それを一人で対処するのに必死なのに…
世の中、老々介護なんてよく出来るものだと感心するわ。
ただ、母のおかげで、加齢の実態の理解と自分の老後の予習になってるよ~(笑)

  • 2024-01-16 (Tue) 00:15
  • REPLY
青々
青々

To *けい*さん

あら~ けいさんもスカート派なんだ! お仲間だわぁ
ハーフパンツ、そんなのが用意されてるんだ。
私の場合、先月予約の時に、整形の先生に服装尋ねたら、
「もう恥ずかしい齢でもないでしょ、スカートのままでやれば?」と言われたけど、
後ろで看護師が渋った顔してて、即行でパンツ買いに行った(笑)

介護認定審査、「もし本人が出来ると答えても、実際出来ないようなら目配せして」と、
事前に電話で親切にも言ってもらえたけど、
そのあるあるより、私から見ても「出来てる」項目が多くて、これは不利だなぁと。
私の老後の場合、子も配偶者もいないから、家族の協力は皆無で、
ボケる前に自分で全部するしかないのよ。
今回の母の件は、自分の今後のためのいい勉強になってるわ。

  • 2024-01-16 (Tue) 03:20
  • REPLY