パーチメントクラフト作品展のお知らせと小作品

昨日の我が名古屋地方は、ほぼ一日中雨
陽射しがないため気温は上がらず、寒い1日だったけど、代わりに朝晩の冷え込みはなかったかな

それに対して、関東方面は大雪警報まで出る雪で、(予想より積雪量は少なかったと思うけど
高速の通行止めによるド渋滞やら、バス待ちの長蛇の列が、全国ニュースになってた。

先週から天気予報やニュースでうるさく注意を促してたし、
雪国地方から見たら、10㎝に満たない積雪で情けない話だけど、
一度や二度の経験だけでは、まだまだ対処が追い付かず、都会の性(さが)だわね


さて、話は変わって、
3月の「パーチメントクラフトの教室作品展」まで1ヶ月を切ったので、
その詳細をご紹介

来月3月5日(火)~10日(日) 今までと同様に、稲沢市の荻須記念美術館にて

私が習う早川先生が、尾張地方で開いてる5つの教室の合同作品展となるわ。

DSC04337-2.jpg

DSC04345-2.jpg


前回の作品展を行ったのが、コロナ禍の2021年の5月

初めてのコロナワクチン接種が、高齢者からようやく始まるかどうかの時だった。

1年以上も前から作品展の日程は決まってて、
当時、1年もしたらコロナは治まるだろうと思ってたら、予想を裏切って長引き、
作品展を中止にするか迷った末の開催だった。


昨年5月にコロナが5類に移行されて、催し物が通常通り行われるようになったら、
美術館展示室もあっという間に予約が埋まったようで、
本当は昨年中に開催したかったけど、予約が取れず今年の3月となったわ。


私の出展予定作品は、今のところ4つ


以前に額装前の状態でご紹介した2枚の羽根(葉にも見える)
(その作品のドアップ画像はこちら、額装した写真はこちら
額装されて1年半も手元にあるけど、まさか作品展がこんな先になるとは思わず、仕舞ったまま
ようやく日の目を見れるわ。


もう1つの額装は、先日ご紹介した、今回のテーマである「桜」の作品


額装ではなく、テーブルに置いて展示予定のが、
紫陽花のパステル画と刺繍のフレームを中敷きにしたトレー(その記事はこちら


そして、
幾何学模様の「曼荼羅」のぬり絵本から図案を拝借して、
講師と生徒10名程で連作として作ってる小作品(今回おニューの三連額に入れる予定)


そのぬり絵本から、私が選んだ図案はこちら ちょっと薄くて見づらくてごめんなさい

DSC04334-1.jpg


10数個全部図案は違うのだけど、21㎝角に収まる左右対称的な幾何学模様っていう点は同じで、
額装の背景は黒で統一

でも、これらの図案から、どの部分にどうパーチメントの技法を取り入れるか、色はどうするか、
全く各自の自由なの。 腕の見せどころともいえる。


初めは、この〇や□のパーツをバラバラにして、重ねて立体的にしようかと考えたけど、
コピーを切って試してるうちに、まとまらなくなっちゃって、、、却下

逆に1枚仕立てのまま、白黒ツートンのように塗り分けたら~ でも、カラフルにはしたい
などと考えるうちに、こうなりました


DSC04306-2.jpg


予めグラデーションに染められたトレーシングペーパー(パーチメント用紙)を使用
(自分で色塗りしたのではないのであしからず💦)

そこに、白インクペンで図案を写し、重なり部分はアクリル絵の具の不透明白で塗った。

この用紙を裏側から擦ると、白く模様が浮き出るという性質を利用して、
透かし模様や点描(ステップリング)を施してみたわ。

DSC04309-1.jpg  DSC04310-1.jpg


アクリル絵の具のベタ塗りが下手で、ムラになってるのは目をつぶってね💦


DSC04311-1.jpg

DSC04313-1.jpg


このカラー用紙1枚のまま、黒背景の上に置くと、用紙の色が綺麗にでないので、
全体に白紙を裏打ちする予定だが、
大きく開けた透かし部分には、同色の用紙を裏打ち、白や黒が見えないようにしたわ

一部には、極小粒の透明ラインストーンを貼り詰めてみた。


こちらは、紙裏の様子

DSC04315-1.jpg

DSC04314-2.jpg


この後、外枠線に沿ってカットした白紙を裏打ちして、黒背景の額に納められるけど、
上下左右が、額に入れたバランスによっては変わるかも。

最終出来上がりは、作品展時の額装の写真を撮って、追加で載せるわね。


各自の作品以外にも、会場を飾るパーチメント用紙で作った春の花たちが必要で、
1月より隔週の土曜に愛西市の教室まで、その制作の手伝いに行っており、
分業制で、先週末の私は、アイビーの葉のワイヤー貼りと桜の花びらの型抜き🌸

いつもの教室では、しゃべってばかりの私だけど、
そこでは、黙々と作業してたわ


ランキングに参加してます
もしよろしければ、こちらをポチっとお願いします


拍手も同じくポチっとよろしく♡
関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

*けい*

こんばんは

そちらは雨でしたか~
やっと展示会が開かれるんですね
作品数も多いですね
しかも力作ばかり
こんな凝った作品を作っていたら時間が足りませんね
肩もこりそうだし、目も疲れそうです~
青々さんお教室ではお喋りなんですね^^

青々
青々

To *けい*さん

通常2年ごとに展開催なのだけど、今回延びてたので、作り溜めた作品が増えたわ
もっとも、制作途中で放棄してるのもあるので、本来ならもっと多いはず(笑)
今回載せた作品は、額入れの都合で来週の金曜が提出期限とあり、
今や以前のように集中力が続かないので、この数日追い込んで必死。
目と肩も疲れるけど、手首や指の方が痛くて、湿布と塗り薬が絶えなかった。
パーチメント教室でおしゃべりなのは、日頃一人で誰とも話してない反動かな
おかげで、教室では全然手が進まないの~(笑)

  • 2024-02-06 (Tue) 23:11
  • REPLY
日向人

春のような陽気の今日です。
説明を読んでも理解できないのですが作品展がもうすぐなんでね。
力作にしようと張り切っていらっしゃるのが伝わります。
今追い込みで忙しいのかな!
出来上がりを楽しみにします。

  • 2024-02-08 (Thu) 14:25
  • REPLY
青々
青々

To 日向人さん

何度かコメント投稿試みてもらったようで、ありがとうございます
原因はわかんないけど、その後無事できてよかったよかった。
作品の制作過程の説明は、私の言葉足らずもあるし、専門的なので、
実際にパーチメントをやった人でないと分かりづらいかと。
遠慮なく読み流して~ というか飛ばして~(笑)
この3年近く、締め切りというものがなく、のんびり好き勝手に作ってたから、
久々に追い込まれてるわ
外出の機会も増えて、頭と体の刺激になって、たまにはいいかも(笑)

  • 2024-02-09 (Fri) 23:48
  • REPLY
Garden

素人目にもとても緻密に作りこまれた作品だなと分かります。
根気が入る作業が続くのでしょうね。
それでも作品展への出展となると気合も入りますよね。
やっぱりモチベーション上がって、素晴らしい作品になること信じています。

  • 2024-02-10 (Sat) 23:10
  • REPLY
青々
青々

To Gardenさん

この図案、最初見た時に面白~と言って自分で飛びついたのに、
いざパーチメントでとなると考えがまとまらなくて、
作品展用で期限と割り当てが決められてなかったら、たぶん投げ出してたと思う
最近は、腕の痛みもあるけど、ほんと根性が続かなくて、制作も休憩の方が長すぎ(笑)
でも、妥協はしたくない・雑には作りたくないって気だけは衰えてくれないわ

  • 2024-02-11 (Sun) 17:41
  • REPLY