パーチメントクラフト Tutti作品展2024 その1

只今開催中のパーチメントクラフトの教室合同作品展 早くも今日が最終日

DSC04337-2.jpg


初日5日(火)の朝に搬入で、その日は生憎の雨

外は1桁の寒さで、少々厚地の下着にブーツでいったら、マスクを付けてるせいもあって、
館内では、おデブの私はちょっと動いただけで汗びっしょり💦

濡れた襟足と下着で外に出たらゾッとして、風邪ひくかと思った。

幸い風邪は引かなかったけど、かがむ体勢が続いたせいか、翌日になって腰と股関節が痛かった


7日(木)には、知人二人が見に来てくれるとのことで、最寄り駅から会場まで送迎して、
観覧後一緒にランチ

そのランチで、数年ぶりに入ったイタリアンのお店が、
注文するのに、QRコードを読み取ってスマホからのオーダーに変わってて、
飲み物を食事と一緒に出すか食後にするかまで、スマホで指示するのにはびっくりした

支払いは、今までと同じで食後にレジで現金もOKだったけど、
スマホを持ってないと、食事もできない世の中になったのね。。。


8日(金)は、受付当番で会場にいたら、七宝焼きの先生に来場いただいたわ。


その日、ちょうど来場者が切れた時があったので、
講師の許可をいただいて、会場の写真を撮ったので、ご紹介するわね。

ただし、各個人の作品は撮影許可が下りてないので、遠目でご勘弁を~


まずは、パノラマ撮影した会場全体の様子

ブログ 3月8日その2


では、左手側から順に

レースカラーシリーズ

(残念ながら、私が通う教室はこの制作から外れてたので、私の作品はありません)

DSC04580.jpg


その手前のテーブルには、ティータイム
テーブルに添えられた苺やビオラの花も手作り

1月から隔週の土曜日に愛西市の教室まで行って作ったもので、
その時撮った写真も一緒にご紹介するわね

花弁や葉は、パーチメント用紙(厚手のトレーシングペーパー)に、
ドルソーや絵の具で色を付け、何百個と、パンチで抜いて組み立てたものよ。

DSC04581.jpg


DSC04414.jpg


DSC04423.jpg


DSC04418.jpg

しずく型の発泡スチロールに絵の具を3度重ね塗り
棒を差した状態は、つやつやで、まるでりんご飴ならぬいちご飴

ヘタを付けて完成~

DSC04425.jpg


コーナーにはネモフィラの花

DSC04582.jpg


DSC04419.jpg


続いて、お隣の壁 額作品

DSC04583.jpg


2つ目のコーナーには、今回テーマにした「桜」のタペストリーと枝垂れ桜、足元に菜の花

タペストリーは2種類の白和紙に、会場にて無数の大小の🌸を貼って制作

DSC04601.jpg


DSC04602.jpg


DSC04603.jpg


DSC04415.jpg

菜の花の蕾は、色を塗った綿棒の先を貼り合わせたもの

DSC04417.jpg


右手に続く壁 額作品

一番手前に写ってるのが、私の「桜」の作品
額装の完成、こうなりました~

DSC04604.jpg


DSC04605.jpg


参照:この額装前の様子はこちら (実は中身が予定してたのと上下逆になりました)
   作品の各パーツについてはこちら


この壁前には、🌸を貼り付けた蛇の目傘

DSC04596.jpg


DSC04599.jpg


これ、会場にて、傘を開いた状態で🌸を貼り付けたので、閉じることが出来ず、
撤去(搬出)の時、どうするか問題になってるわ。


3つ目のコーナーには、🌸模様のドレスとカスミソウ、壁には🌸のリース

DSC04606.jpg


DSC04607.jpg

これももちろんトレーシングペーパーによる手作り
講師が夜なべして作ったとか。
これに注目する人がけっこういたわ


DSC04608.jpg


最後、出入り口から向かって右手側 全体の写真は省いて、手前の3連額「曼荼羅」

DSC04610.jpg


左端の額の最上段が私の作品  詳しくはこちらの記事参照


実は、こちらの壁面の中央辺りに、私のもう1つの額作品「純白の2枚の羽根」がある。

もう2年近く前に完成して、額装が出来上がってきてからずっと箱にしまったままにしてたもの。

今回撮影しようとしたら、照明によるガラスの映り込みが酷かったので、
以前に載せた写真を参照してね
額装完成写真はこちら  作品詳細の写真はこちら


会場の様子の記事、長くなるので、ひとまずここまでをアップ
「その2」に続きます


ランキングに参加してます
もしよろしければ、こちらをポチっとお願いします


拍手も同じくポチっとよろしく♡

関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

Garden

ティータイム、タペストリー、ドレスと、
会場は見せる工夫がとても考えられていて楽しいですね。
パーチメントクラフトが青々さんの本業?だけあって、桜の作品がお見事。
上下の赤紫の配色やダークな額装が、繊細な桜の花を引き立ててます。

  • 2024-03-10 (Sun) 08:59
  • REPLY
*けい*

お疲れ様でした

こんにちは、まさに春の展示会らしいですね。
実際に見ても本物みたいでしょうけど、写真に写ったものは本物のようです。
生徒さんも多いのでしょうね。まとめあげた講師の方も大変でしたでしょうね。
青々さんの桜の額作品が一番美しいです~!
パート2も楽しみです^^

お料理の注文、スマホはやったことないです。
タブレットはもう当たり前のようになったけど、高齢者には難しいですよね。

青々
青々

To Gardenさん

講師とベテラン組数人が2年前から作品展会場の構想を練ってて、
各教室分担の制作内容を的確に指示出してるわ。
作品以外の飾り物もパーチメントの一環というこだわりを持ってて、
一切出来合いのものを使わないので、裏方作業が大変(笑)
桜の私の作品は、額のフレーム部分の色にもこだわって、
わざわざ紙専門店に買いに走った甲斐があったかと。
元々、私は赤より紫味のあるボルドー色が好きで、この色系の着物も多いし、
昔はこの色のトヨタ「セラ」に乗ってました~(笑)

  • 2024-03-11 (Mon) 15:26
  • REPLY
日向人

随分華やかな作品展だこと!
桜の作品額装したら額とマッチしてとっても素適に仕上がってる。
カスミソウも繊細で素晴らしいわ!
最後の曼陀羅も力作で一生懸命作られたのが伝わって来る。
こんな田舎でもスマホ注文支払いは何処の飲食店でもやってて
子供達もスマホ一つでスマホを持ってても出来そうにもない。
そのうちキャッシュレスの時代が来るのかしら!

  • 2024-03-11 (Mon) 15:58
  • REPLY
青々
青々

To *けい*さん

展示会場が取れたのが3月ということで、桜がメインの会場に。
春の花を考えるとチューリップも筆頭に上がるけど、
張りのあるパーチメントの用紙(厚手のトレーシングペーパー)では
布花やペーパーフラワーのような丸みが出せなくて、それは却下となったわ(笑)
私が習う講師が持つ教室は現在5つで総勢19名だったかな。
講師とその参謀ベテラン二人が構想練って、うまく周りを載せてる(笑)
桜の作品、お褒め頂き光栄だわ

各テーブルに注文用タブレットが置いてあるところは確かに多くなったけど、
自分のスマホで、ってところはまだ少ないってことかな。
ここのレジも、私が通う津島の七宝店も、ラインで利用ポイント獲得よ。

  • 2024-03-11 (Mon) 16:11
  • REPLY
青々
青々

To 日向人さん

桜の作品の額装、いい感じに仕上がってきてホッとした。
自分で用意した窓枠の用紙の色も、正解だったなと。

スマホでの注文、やってみえるんだ!
今回、3人で(私以外の2人は後期高齢者)頭突き合わせて、スマホの操作に必死(笑)
スマホでの支払いは当たり前の世の中になりつつあるけど、
カードの電子マネーの場合、チャージするのに結局現金が必要で、
小銭だけのキャッシュレスよね。
WAONみたいに口座からの自動チャージだと便利で、真のキャッシュレス

  • 2024-03-13 (Wed) 09:16
  • REPLY