飛鳥Ⅱの旅・船上の楽しみ

我が名古屋地方、昨日は最高気温が10℃を切り、最低気温も氷点下に迫る寒さ。
晩秋・初冬はあっと言う間に掛け足で過ぎ去って、真冬の気候に突入しそうだわ。
 
 
先月、飛鳥Ⅱの船旅に出掛けた時は、紅葉
真っ盛りで、
まだキルティングのジャケット(コート)を着るには早いぐらいだったのに・・・
 
その飛鳥Ⅱ
の船旅
の記事、途中で止まって日が空いてしまったけど、
懲りずに続きをアップ
 
 
 「飛鳥Ⅱ乗船・広島出港」の記事はこちら
 「飛鳥Ⅱの旅・広島から別府へ」の記事はこちら
 
 
11月20日(水)午前中、別府港から上陸由布院散策
(その記事はこちら)をして、
お昼前に帰船
 
大分・別府港に寄港中の飛鳥Ⅱ(ツアーバス
の中から撮影)
 

 
 
別府港に止まっている間に、船内にて昼食
昼食は、和食・洋食ビュッフェどちらにしようか迷ったけど、和食をチョイス
 
この日の献立は、釜揚げうどんとミニ鉄火丼、デザートとして「きんつば」まで付いてた
 

 
 
    
上の写真は、ついでにここに載せちゃったけど、この日の夜食
      中華の笹おこわが美味しくて、お代わりしちゃったよ
 
 
食後出港前に、接岸してる埠頭では、
大分の民俗芸能「大分県庄内神楽・大蛇退治」の披露があって、
船のデッキから見物
 

 
14:00 別府港出港
 
前日の広島港出港と同じように、セイルアウェイ・パーティーがデッキで催されたけど
寄港地と出発地との違いなのか、ここでのテープ投げはなかったわ。
 
この別府港からは、新たに460名ほどが乗船したのだけど、
その人たちは、あの感動の体験は出来なかった訳ね。
 
 
遠ざかる別府港をパノラマ撮影
 
画像の右下クリックしていただくと、多少大きな画像で見れます。
 

 
この後、別府湾を東に進んで、四国と九州の間・豊後水道を南下
 
南に来てるせいか、広島沖(瀬戸内)に比べたら、心なしか暖かいというか
デッキに出てても全く寒くなかったわ。
 

 
24時間掛けて、四国・紀伊半島の南側を通って名古屋港へと向かうのだけど、
その間、船内ではいろいろな催し物が、クルーの方たちによって催されるの。
 
まずは、こちらをご覧あれ
 

 
 
こちらは、「ASUKA DAILY」と言って、
その日の1日の船内での、食事や催し物の時間と場所・内容が、
タイムスケジュール表形式で案内されたもので、
前日の夜に、各部屋に配布される。
 
 
船旅
は、目的地への移動手段でもあるけど、
飛行機
や列車
と違って、食事

だけでなく、
エンターテイメントショー
や映画
、いろいろな教室で楽しめるのが、醍醐味
 
朝から夜中まで、暇を持て余さないのよ
 
 
飛鳥に限らず、ぱしふぃっくびーなすでも同じだったから、
豪華客船の船旅は、まず同じかと思うわ。(他の船は乗ったこと無いけど)
 
 
20日の夕方は、デッキ船尾では、シャッフルボード大会が催され、
また別の部屋では、フラ教室やポップアートカード作り教室が開かれてた。
 

 
今回は残念ながら私好みの教室はなくて、どこも覗いただけで終わっちゃった。
 
それで、時間を持て余したものだから、飛鳥Ⅱ散策を
今度は、11デッキと12デッキ(最上階)へ行ってみたわ。
 
 

ちょうど真ん中あたり、11と12デッキが吹き抜けになってるプール
 

 
 
          
最上階12デッキの最前方からの眺め(右手が九州・左手が四国)
 

 

 
11デッキ前方の
       ビスタラウンジ
 
 ティータイム終了後だったので、
 またもや人影ゼロ
 
 夕日が射しこんで
 なかなかいい雰囲気だったわ。
 
 
その外のデッキより
 
 雲間から顔を出した夕日
 綺麗だった~
 
 
 こんな風景、
 カップル
で眺めたら
 ロマンチックなんだろうけど、
 年老いた母
連れ回して、
 一人コンデジ
で撮りまくる
 オバタリアンってどうよ…
 
 
 
 
さて、この日のディナー
も、ドレスコードはインフォーマルで、
私は前日と同じ着物
で通しちゃった。
 
相変わらず、着物姿の写真は無しでごめんあそばせ。
 実は、船長さんと写したのが唯一あるけど、おデブ丸出しだからパス
 
 
乗客数増えたので、この日は2部制で。
1回目が17:30~ 2回目が19:45~
 

 

スープは選択で、左が母のポトフ、右が私のジャガイモのポタージュ
 

 
 
このディナーの後のエンターテイメントショー
は、
前日見たショーと同じだったのでパスして、カジノで再びルーレット
 
 
途中退座して、11デッキのパームコートにて、
フィリピンバンド(クルー結成バンド
)による演奏と、ハワイコール
 

 
ちなみに、これらを見てる時ドリンクをオーダーすることが出来、
ソフトドリンク
は一切無料、アルコール

と炭酸飲料
だけ別料金になるわ。
 
 
それと、先程のデイリーの一覧表見て分かるように(画像小さ過ぎて読めないよね
朝6時から夜12時半まで、船内どこかで軽食やドリンク(上記以外)が提供され、
すべて無料で頂くことが出来るの
 
モーニングコーヒー・朝食・午前のティータイム・昼食・午後のケーキティータイム
ライトスナック(軽食)・夕食(ディナー)・レイトナイトスナック(夜食)etc
全部食べたら凄いだろうなぁ~
 
 
残念ながらと言うべきか、 今回あまりお腹空かなかったし、旅行太り避けるためにも、
私、ティータイム
や軽食

は、全く食べなかったわよ
偉いでしょ、私
(夜食は食べたけど…)
 
 
さて、こうして夜は更け、
四国南の海上を、名古屋港向けて船は進むのでした~  続く
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 14

dicila

No title

すてきだ~!
人影の少ないデッキでのんびりもあこがれます!
気候も良さそうで幸せな旅ですね。
途中から460人も乗ってきたら、いろんなイベントがあるといっても超満員になりそうな予感がするけど、内容によってなのかな?

Garden

No title

盛りだくさんの内容で
船旅でも まったく飽きさせない工夫が凄い。

ところで こうした大きな客船は揺れを感じないのでしょうか? 遊覧船ぐらいの大きさでは船酔いでゼンゼンダメな私です。。。

阿維

No title

こんにちは!

豪華客船ならではのお楽しみが盛りだくさんでしたね。
私の知らない旅を楽しませてもらえました。
お天気も良くて大きな思い出がまた一つ
重なりましたね~
ナイス~~!!

日向人

No title

やっぱり全てが豪華ね!お客に暇をもてあまさせないところも素晴らしい!
船上から見る夕陽なかなかだわカップルで見るとなおいいよね~。

青々

No title

dicilaさま
800名もの乗客なのに、デッキは想像以上に人影なくて、不気味なぐらい。
2日目はデッキも寒くはなかったけど、もう1ヶ月前の季節なら、
もっとゆっくりできるかも。
もっとも、ベランダ付きの部屋の人は、そこで楽しんでるかもね。
エンターテイメントのショーは、2部制のディナー時間に合わせて、
1日2回催されたわ。
クラフトの教室ものは、定員数オーバーするとアウトよ。

青々

No title

Gardenさま
写真撮ってないけど、船内には映画館・図書室・ジム・フォトショップなどもあって、ほんと船室に居る時間はわずかよ。
天候にもよるけど、冬の太平洋なら船の揺れはほとんど感じないわ。
震度1~2ぐらいかなぁ。
逆に夏の太平洋は、台風の影響とかで揺れが大きく、
高層ビルでぐら~っと揺れる感じに似てた。瀬戸内は静かだけどねぇ。

青々

No title

阿維さま
私は15年ほど前に、念願だった初代飛鳥に乗ってから、
船旅が病みつきになったわ。
お金と時間が許すなら、1週間以上の長期クルーズに乗ってみたいけど(笑)
天気にはやはり左右されるわね。
以前、台風の影響が出てた時に乗ったら、船酔いしたこと無い私でも酔った。
今回、ほんと穏やかで良かった~ ナイス!ありがとう

青々

No title

日向人さま
エンターテイメントのショーは、プロを呼ぶらしいけど、
クルーの人たちみんな芸達者なのか、いろいろ工夫して、
教室や演奏会開いてくれるわ。
夕陽眺めながら、水平線に見える九州の大地見て、
この辺りは大分県?宮崎県?日向市近いかな~って考えたよ!

*けい*

No title

こんばんは~
いろいろと盛りだくさんの内容で飽きさせないようになってますね~
お料理もカフェも夜食も充実してて誘惑に負けなかった青々さん偉い!^^
写真もパンフレットかと思うくらい綺麗ですね~
ナイス

kuma

No title

デッキの写真もデッキからの夕日の写真もステキ!
やはり広いんですね。
今回も人が写ってない写真が・・・
ホントにカタログのようですね。

軽食食べなかったんですか!!!
私なんてバイキングでもあれもこれもと欲張る性格だから
そうしなくちゃと思ってもなかなかできない・・・

尊敬しちゃいます。
続き楽しみにしてますね。

青々

No title

けいさま、返事おそくなりました。
朝から深夜まで部屋に居ることがほとんどなくて、おかげで寝不足続き。
家に帰って来てから、どっと疲れが来て、爆睡したわ(笑)
本当は3時のティータイム楽しみにしてたのだけど、
昼食に甘いものデザートが付いたのが予定外でねぇ。
でも、帰って来てから、やっぱり食べればよかったと後悔よ。
写真、わざわざ狙った訳ではないのに偶然いいタイミングで撮れたわ。
ナイス!ありがとう

青々

No title

kumaさま
施設ものは6デッキと11デッキに集中してるのだけど、
なにせ端から端まで200m以上だから、往復するのも楽でなくって。
なぜか私が行くところ、狙った訳でないけど人がいないのよ(笑)
お昼に甘味デザートまで付いたのが予定外で、
さらに、一緒に行った母は胃が弱いものだから、ティータイムはパス。
ケーキは食べ損ねて、後で後悔よ。(笑)

Precious

No title

青々様
こんばんわ
ご無沙汰しております~なかなか来れなくってごめんなさい
飛鳥Ⅱの記事楽しみにして来ました。。
トップのお写真わぁ~大迫力ですね
大きすぎてカメラに収まらない感じでしょうか?
船内のランチですか?厨房もきっと広いのでしょうね^^フラなどのイベント盛りだくさんですね~楽しそうっ♡
夏でしたらプールにも入れるのですね~(*^_^*)ディナーもお洒落してフレンチですね~優雅で羨ましいです
揺れの方は、感じませんでしたか?
私、船の揺れがちょっと苦手で・・(^^ゞ
それでは、また遊びに参りますね~☆

青々

No title

Preciousさま
いらっしゃいませ~
いやいや、私の方こそ2週間程フルタイムの臨時仕事に出かけてて、
飛鳥Ⅱの記事、なかなか進んでなくて申し訳ないわ。
おっしゃる通り、最初の写真、飛鳥Ⅱの全景撮ろうとしたけど、
カメラに入りきらなかったの(笑)
食事は一度に400名以上が食事できるから、厨房もさぞかし広いかと。
揺れはまったく、動いてたら船上で有ること忘れちゃうぐらい。
震度1~2ってとこかな。 ベットで横になるとさすがにゆら~っと感じるけど
ただ、これ天候・季節によって左右され、海が荒れてるとまっすぐ歩けない時も
続き頑張って書くわね~