七宝焼き・椿のバレッタ & デコパージュの帯留


先週の積雪を伴った大寒波の寒さよりは、今は多少戻ったけど、
さすがに1桁の最高気温では寒いわね。


今週火曜辺り、また雪が降るって予報も出てるし…



さて、
毎月のように通ってるあま市七宝焼きアートヴィレッジの特別体験教室


だけど、12月は恒例「干支の額絵」で、
その絵柄がちょっと幼稚で私の趣味でないので、毎年それはパス


更に、1月は担当講師の都合でいつもの教室はなく、
代わりに、別の講師の単発教室が開かれるようだけど、
作る作品が今一つで見送ることに。


11月の体験教室に参加してから2月まで飛ぶのかと思うと、ちょっと忍びなくて、
先月、アートヴィレッジから更に足を延ばして、
津島市の七宝焼き体験教室まで行って来ちゃいました


その教室は、いつもアートヴィレッジで教えていただいてる講師の先生のお店


我が家から約17㎞・車約40分

アートヴィレッジの体験教室は、一度に10名以上でも受け付けるけど、
こちらの教室は、4,5名のこじんまりとした教室かな。



そちらの12月の体験教室が「椿のブローチ

作品見本がこちら
(HPに掲載の写真をお借りしました)




上と左のが、花弁に透明タイプの釉薬を使ったもの、
下と右のが、花弁に不透明タイプの釉薬を使ったもの



私は、ブローチをバレッタに変更

そして、左のバージョンで葉の色を墨色(黒)に変え、
花弁のツートンはくっきりさせず、自然なぼかしにしてみた


その制作過程



一度目の燃焼の後かな、
先生が、バレッタの金具のカーブに合わせて、基板を湾曲して下さったわ。


上の写真を見ると、
赤の椿でなく、ほんのりピンクの椿でもいいなぁって思ってしまった。

でも、この釉薬、焼くと赤に変わるのよ。 曲者よねぇ


で、焼き上がったのがこちらなんだけど、
横の長さが7.5㎝弱で、
和装の髪のシニヨンに合わせるにはちょ~っと小さいのよ


そこで、いろいろ思案して、
大きくするため手持ちの金属シンプルバレッタと合体させてはと思い付いた





シンプルバレッタは、濃茶とベージュのと薄ピンクのと3つ持ってて、
ベージュと薄ピンク、どちらを合わせるか迷ったけど、
ピンクの方に貼り合わせて完成~


これで、出来上がりは横幅約9.5㎝となり、
髪飾りとしても使いやすい大きさになったかな。




ここでもう1つ、ついでにご紹介

こちらは、七宝焼きではなくデコパージュで作った帯留




こちらは、着付教室のクラフト講座で作ったもの。


七宝焼きと同じような扇型の銅板(膨らみのあるもの)に、
カラープリントした紙を貼り付け、それを土台の金具にセット

その上に金箔を散らして、UVレジン液を流し込み、固まったら出来上がり~



カラープリントは、何柄か用意されてたうち、
私は、写真の黒字に和歌を散らしたのを選んでみたわ。


以前のデコパージュは、艶だしとして表面にニスを塗ったけど、
今はUVレジンクラフトが流行りだから、それに取って代わったみたい。

UVレジンを表面に厚めに塗ると、つるんとした透明膜が出来て、
下絵がただのプリントした紙だなんて見えないわね。

これ、持ってみると、滅茶苦茶軽いのよ~ 玩具みたい


関連記事
スポンサーサイト



Comments 12

dicila

No title

バレッタ、手持ちのものとぴったりくっついていいですね。それにしても、エコパージュで、こんな風にできるとはびっくり。なんとなく知っていても、これはいいと思います。雨に濡れても平気なのかな?作ってみたくなりました。知り合いにUVレジン用のライトもらって使わずにいるので使うチャンスかも。

日向人

No title

バレッタは赤だけど葉が黒のせいかシックに
仕上がっていて素敵ですね。
デコパージュもかなりシックだけど引き締め効果がありそう~
せっかく作るのだから実用性のある作品が良いよね!

青々

No title

> dicilaさま
UVレジンは耐水性があるから、雨にぬれても大丈夫だとは思うけど、
長時間濡れ続けた場合はどうなのかしらね?
隙間なくしっかりコーティングしてあればOKじゃない?
石鹸にデコパージュしたのが最後まで使えるのだから。
UVレジン用ライト持ってるのならぜひ~♪
100均のUVレジンで、この帯留2~3個作れるかな。

青々

No title

> 日向人さま
見本の淡い色の葉も悪くなかったけど、
私は最近は黒地の着物が圧倒的に多いから、それに合わせてみた。
帯留の方は、見た目お洒落だけど、ちょっと着物と帯を選ぶかな~って感じで
どれに合わせるかまだ思案中よ。
作ること自体が楽しいのだけど、やっぱり飾るより使うのが一番だよね
ナイス!ありがとう

*けい*

No title

おはようございます
ピンクも捨てがたいけど、赤い椿がいいですね~
黒字に和歌の帯留めも素敵ですね~
自作の小物がたくさんですね

青々

No title

> *けい*さま
赤い椿、普段の洋服には派手で使いにくけど、黒地の着物にはいいかと思って。
自作の小物、次々と溜まっていくのだけど、
いざとなるとなかなか着物や帯と合わなくて、お蔵入りが半分かな(笑)
まぁ作ってる時が楽しいのと、一度でも着付教室行く時に身に着けてくと、
話題作りになっていいかなぁと。 ナイス!ありがとう

*crea*

No title

寒くてお散歩も気合いがいるわ(^-^)/
椿のバレッタもデコパージュも素敵‼
お着物の小物がたくさんあっていいなぁ~👘

kuma

No title

寒いですねぇ~ベランダへなかなか出られなくなってます(>_<)
黒い葉に赤いは椿はイキな着こなしができそう!
七宝焼きの作品も結構増えたのでは?
今回は私の知人が通ってる教室かしら?
もしかしてご対面したとか・・・

青々

No title

> *crea*さま
そうよねぇ、寒いからと言って散歩に出ない訳にはいかないものね。
気合いるよね。
和装小物、あれこれ作ってる割には実際に使ってるのはその一部で、
でも、作ってる時が楽しいからいいかって感じよ(笑)
ナイス!ありがとう

青々

No title

> kumaさま
私もベランダへ出るのは最小限になってて、放置状態(笑)
七宝焼きは、かなり前からバレッタをリクエストしてたんだけど、
体験ではなかなか取り入れてもらえなくて、今回津島の教室でようやく。
たぶん、知人さんと同じ教室だとは思うけど、2日間の午前午後とあって、
私が参加したこの日は、ご年配お二人と初心者の若手さんだったから、
残念ながらお会いしなかったと思うわ。
3月もここに予約入れたから、いつかお会いするかもね。

植木屋ばる

No title

バレッタも帯留めも素敵~♪
ツバキの濃淡、本物の花よりずっと綺麗!(^^)
葉っぱの黒もステキだし、やっぱり青々さんのセンスって好きだわ~(^^)

青々

No title

> 植木屋ばるさま
椿の花弁って濃ピンク一色が多くて、その見たまま一色で全部塗り潰すと
平坦になっちゃうし、かと言って見本のようにくっきり境目付けると
何か違和感感じちゃって、作り始めるまでの思案時間が長かった~
見本と違う色選ぶ時は一か八かの掛け!
今回は裏目にダなくてよかったわ(笑)